糖尿病の合併症

血糖値の高値状態が持続すると合併症が生じます。3大合併症として

  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性神経障害
  • 動脈硬化性疾患
  • その他

の合併症が知られています。
これらの合併症の進行予防のためには血糖コントロールを中心とした糖尿病の管理が必要です。
また、高血圧症や高コレステロール血症を伴う場合は合併症の進展予防のため合わせて治療が必要となることがあります。

糖尿病性網膜症について

網膜血管壁の障害に伴う血流障害や血液成分の漏出が原因となり、眼底に出血、網膜浮腫が生じ、進行すると硝子体出血、網膜剥離をきたすことがあります。

糖尿病性腎症について

賢臓の糸球体を含む毛細血管壁の障害に伴う血流障害による糸球体構造の破壊、尿細管障害により腎臓の機能低下が生じます。
進行状態により顕性な腎機能障害となり、血液透析に至ることがあります。

糖尿病性神経障害について

両下肢のしびれ、知覚低下などの末しょう神経障害が生じる左右対称性の多発性神経障害があり、進行すると糖尿病性皮膚潰瘍や糖尿病性壊疸の原因にもなります。アキレス腱反射の低下がみられ、自律神経障害も生じることがあり、便通異常、起立性低血圧の原因となります。

動脈硬化性障害

狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患や脳梗塞などの脳血管障害や糖尿病性皮膚潰瘍、糖尿病性壊疸の原因となりうる末梢性の閉塞性動脈硬化症が生じることもあります。

その他

糖尿病と心臓の直接の収縮障害に伴う心不全、心房細動などの不整脈、睡眠障害、感染症との因果関係、発症機序が解明されており治療が必要となることがあります。進行予防のためには血糖コントロールを中心とした糖尿病の管理が必要です。
また、高血圧症や高コレステロール血症を伴う場合は、進行予防のため合わせた治療が必要となることがあります。

当院は予約制の診療体制をとっています。初診で受診の方はまずは電話連絡電話受付をお願いします。受診までの検査データ、服用薬等の資料があれば持参ください。初診時、継続治療受診時に次回の予約票をお渡ししています。

ふじさわ内科クリニック

  • 診療科 糖尿病内科、内分泌内科、内科
  • 診察時間 午前9:00~12:00/午後15:00~18:00

    土曜午前は9:00~13:00

  • 休診日 金曜日、土曜午後、日曜日、祝日

04-7162-1002

〒277-0832 千葉県柏市北柏3-1-2 寺田ビル2F

  • JR常磐線「北柏駅」南口前より徒歩1分(手賀沼側バス発着ロータリー)
  • 駐車場8台分

交通案内