糖尿病治療

糖尿病とは

インスリンの作用不足が原因で慢性的に高血糖状態となる病気です。
膵臓のランゲルハンス島から分泌される血糖値を低下させるインスリンが、肝臓や筋肉、脂肪組織に糖分を十分に取り込むことができず、エネルギーの利用・貯蔵やタンパク合成が十分にできなくなる病態が持続する状態となります。

糖尿病の原因と治療

主に糖尿病は膵臓からのインスリン分泌細胞が破壊され、インスリン分泌の消失、作用不足が原因となる1 型糖尿病とインスリンの作用不足、インスリン抵抗性をきたす要因に過食・運動不足・肥満・ストレスが関与して発症する2型糖尿病に分かれます。
糖尿病の治療は摂取エネルギ一を制限した食事療法と運動療法が基本です。
1型糖尿病はインスリン分泌の消失からインスリン治療が必要ですが、2 型糖尿病は食事療法のみの治療、経口糖尿病薬服用インスリン治療と膵臓からのインスリン分泌状態により異なります。
インスリンの膵臓内分泌機構や作用機序が徐々に明確となり、また糖尿病治療薬の発達により近年の2 型糖尿病の経口糖尿病薬治療は膵臓内のインスリン分泌低下を予防、保護を目標とした投薬治療に移行しています。
高血糖の状態が持続すると眼・腎臓・感覚神経の障害が生じるほか、肺炎や皮膚潰瘍や壊疸を引き起こす誘因となります。

糖尿病の症状

糖尿病は血糖が上昇した場合症状が顕著となります。

  • のどの渇き
  • 尿の回数の増加 尿量の増加
  • 全身倦怠感 易疲労感 眠気
  • かぜが治りにくい 感染症を繰り返す

ふじさわ内科クリニック

  • 診療科 糖尿病内科、内分泌内科、内科
  • 診察時間 午前9:00~12:00/午後15:00~18:00

    土曜午前は9:00~13:00

  • 休診日 金曜日、土曜午後、日曜日、祝日

04-7162-1002

〒277-0832 千葉県柏市北柏3-1-2 寺田ビル2F

  • JR常磐線「北柏駅」南口前より徒歩1分(手賀沼側バス発着ロータリー)
  • 駐車場8台分

交通案内